おかやま和牛肉の紹介 お肉の豆知識 レシピ 指定生産JAの紹介 指定食肉店の紹介 指定外食店の紹介 TOP
マスコットキャラクター  
お問い合せ お問い合せ お問い合せ
 和牛は古くから、近畿、中国の中国山地を中心として盛んに飼われ、農耕、運搬、肥料利用として、農業経営上不可欠な家畜として「農宝」と言われて大切にされていました。
 中国地方は主要産地として近世のころから優良形質の維持、改良に努力が払われ優良系統の造成がなされてきたところで、特に優秀なものを「蔓牛」(つるうし)といいます。最も古いものが、約230年前の安永年間に現在の新見市の浪花元助の育成した「竹の谷蔓」です。この「竹の谷蔓」は「周助蔓」(現兵庫県美方郡)並びに「岩倉蔓」(現広島県比婆郡)と合わせて『三名蔓』と呼ばれています。
竹の谷蔓は、岡山県の和牛のルーツの一つとして全国的に有名であり体格は雄大で乳量も多く、現在のおかやま和牛の基礎になっています。

※イメージ図